Charis Color(カリスカラー)ブログ

色と花のこと、ライフスタイルetc...

あなたはお母様に何を贈っていますか?

ーお母さんに、あなたが贈っているものって?ー

さて、母の日まであと3日となりました。(母の日は5/14です)

皆様はもう母の日の準備は終わられましたかでしょうか?
勘違いしていただきたくないので先に言っておくと、「別に私のところで花を買って!!」ということを1番に伝えたいのではありません。(URLは最後に載せてはいますけど。)

それよりも、皆さんが"お母様に対してどのような気持ちをおもちでプレゼントを準備したり、お母様のことを考えられているか"をもう一度思い返すきっかけにしていただきたいのです。
また本日は私が思う、母の日やお花に込めている想いをお話しさせていただこうと思います。

 

-Charis Colorが考える母の日とは-

今年初めて、母の日に何かプレゼントを贈られる方がいるかもしれません。
もしかしたら、毎年仕方なくお花を送っている人もいるでしょう。
感謝の気持ちを常に持って、何かを贈られている人もいらっしゃるかと思います。
あ、忘れてた!やべぇ なんて、今、思った方もいらっしゃるかもしれないですね。

別にそれぞれの考え方なのでどれが良くて、どれが悪い、そういうものはないと思います。
ただ、私が思う「”Charis Colorの”母の日」は、やはり感謝の気持ちを伝える日
そして、皆様にとっても、どんな感情であれお母様への気持ちを届ける、お母様のことを思い出す大切な日なのではないかと考えています。

 

ーそんな、それぞれの母の日に私ができることー

母の日に私にできる唯一のことは「皆様のお母様へのお気持ちを"お花"という手段を使い、代わりに届ける」こと。

1年前に母の日に私のお花を買ってくださったお嬢様とお母様の出来事を2016年の5月にFacebookの記事でも書きましたが

https://www.facebook.com/yuichariscolor/posts/1706803726258925

私は、自分のことを『ただお花を作って届ける花屋。』だとは思っていません。
大切なことはやっぱり気持ちだと思っています。

お任せのアレンジでも、こだわった作品のアレンジでも、必ずそのお客様の想いを届けるために私を選んでくださったことに感謝して、本気で1つ1つ作っています。

 

だから、ご注文をくださったお客様から「お母様が泣いて喜んでくれてました」という話を聞いたり、プレゼントとして私のお花をもらったお母様から直接お礼のメッセージを頂いたり、母の日でなくてもお客様がリピートして弊社で花を頼んでくださるのはほんっっっっっっとうに嬉しく、こっちが泣いてしまいそうになることもしばしばあります。

 

お花を作る作業は、習えば誰にでもできる仕事に見えるかもしれない。
お花の仕事は華やかに見えて、簡単そうに見えるかもしれない。
でも朝5時に買い付けに行って(母の日は朝の4時には市場にいます)1つ1つ花を選んで、梱包と箱を組み立てる作業から詰めて配送するまで用意し、1番良い状態で届けるために地味に作業する。というのが実際の私の仕事です。

 

お花は本当に奥が深いし、"想いをカタチにして届ける作業"は誰にでもできることではないと私は思っています。
昨年から引き続き、お母様や奥様へのお花を頼んでくださっている皆様には本当に感謝しています。ありがとうございます。

 

1年で1番、お母様のことを考える日。
ぜひ皆さんももう一度お母様のことを思い出して、感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

 

本日もご覧いただきまして、ありがとうございました。
皆様にとって明日も彩りのある、素敵な1日になりますように✨そして素敵な母の日になりすように。

 

f:id:chariscolor:20170511172316j:image 

写真: ProFlowers.com

こちらからお花をご購入いただけます。

通販サイト→https://tsuku2.jp/chariscolor

 

作品や日常の写真をアップしています

https://www.instagram.com/chariscolor/?hl=ja


メルマガ登録はこちら→https://www.comty.biz/stm_regist2/?SMCD=0000034043