Charis Color(カリスカラー)ブログ

色と花のこと、ライフスタイルetc...

今年も無事に年を重ねることができました。

今年も無事に年を重ねることができました。

f:id:chariscolor:20170602123955j:image

 

実は産まれて初めて、誕生日の朝を一人でむかえました笑

昨年は祖父が亡くなった関係で関西に帰ってたので実家にいたので。
今年は誕生日の当日は買い付けがあって、「何の花やったらお客様喜んでくださるかな。芍薬(←花の名前)いいのあるかな。」と考えることに必死だったので、全然いつもと変わらない朝w
「あ、そうや。今日誕生日やった(°_°)」くらいの目覚めでした。

 

-10年前までの自分-
実は18歳までは「何のために生きてるんやろう」って本気で思ってましたし、20歳のときのmixiの(←よくログインできたなって感じですけどw)日記を読んだら

「昔は20歳になったら器用に生きれて、自立してて自信もあって
なんでも一人でこなせる大人の女になれるもんやと思ってた。
けど実際にハタチになってみたら全然そんなことなくて、いつまでたっても泣き虫で
わがままで自分勝手で不器用で寂しがり屋で、
そのくせ強がりで自分を好きになれへん年だけ大人になった自分のままやった」

 

と、ちょっとうっとうしく切ない気持ちになることを書いてました笑

そのあとに、「けどそんな私を見放さずに優しくしてくれて大事にしてくれる人たちがいっぱいいて幸せ者で感謝もしてる」とは書いてましたけど。

 

でもね、今の私だけを知っている人には毎回びっくりされるんですけど、あの頃の私は、本当に
自分に自信がなくて自分のことが客観的に見えてなくて、いつも自分じゃない自分を探して演じてたんですよ。


”もっともっと”って、自分に対してスパルタで理想は高いし、そのできない自分にいつもフォーカスをあてていて、できない自分と理想の自分とのギャップにいつも落胆してました。(これは今になってわかったことですけど。)

ただ大切なのは、伝えたいことは
ここから!!!

 

ー今2017年現在の自分ー
18歳の生きるのが楽しくなかったときから今までの10年間で、楽しいこと辛いこと苦しいこと幸せなことをいっぱい感じて、悩んでもがいて必死になって動いて。
本当に様々な経験をして、やっとこさ少しずつではありますが、ありのままの自分を生きていけている気がします。

今は上に書いた20歳の時の気持ちは一切ないです。
年々、歳を重ねるごとに、自分のことが好きになって、人生にワクワクしている私がいるんです。

 

”こうしなければならない”とか、”家族の期待に応えるためにつくってきた自分”とか、

そういった気持ちを一切捨てて、自分の言動に今まで以上に責任を持って覚悟を決めて自分がしたいことを優先して動いてみたら、環境的にも精神的にもよりよい毎日を過ごせるようになりました。
そして「ありのままの悠衣ちゃんでやったらいいやん。」と応援してくれる人がすごく増えました。


この28年間で出会った「正直なんなんこの人」と昔 思っていた人も、現在も大切だと思っている人も。私が出会った全ての人が、私の人生に影響を与えてくださっていると思っていて、感謝してるしありがとうと言いたいです。


そして、この28年間で経験したこと、感じたことの学びが1つでもなければ(たとえ知恵熱を定期テストのたびに出していようがハゲていようが、電車の中で失神しようが…絵、なにそれ?と思われた方、詳しいことはこちらから→https://goo.gl/liLUPB) 今の私はいないと思うから、今までの人生にも、もちろん感謝しています。

うん、とりあえず1回ここで言います。ありがとうございます。

 

また、時間はかかりましたが、父と母にも”私の仕事”をというか、”私が取り組んでいること”を応援してもらえるようになりました。自分の誕生日を迎えて、母には「産んでくれてありがとう」と感謝を伝え、父には「大人になるまで育ててくれてありがとう、仕事を応援してくれてありがとう」と、今年は素直に言うことができました。

 

そしたら母からこんなメッセージが来ました

f:id:chariscolor:20170602124059j:image

 

普通に泣きました。今も自分が好きなことを仕事にできてて幸せやけど、やっぱり離婚してしまったことは親不孝なことをしたなと思っていて、友達の結婚式に出るたびに、友達が子供を産むたびに、私は親に対して申し訳ないことをしたなと感じています。
だからこそ、余計に自分だけのためではなく家族のためにも仕事も軌道に乗せて、今度は私がずっと思い描いていた「家庭を1番に考えながら仕事ができる環境」をつくって、母が元気なうちに孫の顔を見せてあげたいなと改めて思いました。

 

あとどれくらい自分が生きれるのかなんて、それは誰にもわからないけど
私は後悔しない人生を生きたいし、自分にも周りにも正直に誠実に関わって生きていきたい。
いい人ぶるのではなく、”私らしく”そして思いやりを持って過ごしていく中で、私に出会ってよかったなって思ってもらえるようなそんな人で在りたいと思います。

双子座のペガサスは2017年を飛躍の年とすべく、下半期も、もっともっと成長していきます!

本日もご覧頂きましてありがとうございました♡
皆様にとって下半期も彩りのある素敵なものになりますように✨

 

作品や日常の写真をアップしています
Charis Color(カリスカラー) (@chariscolor) •  

https://www.instagram.com/chariscolor
通販サイト→https://tsuku2.jp/chariscolor
メルマガ登録はこちら→https://www.comty.biz/stm_regist2/?SMCD=0000034043

私、剣以上のものを勢いよく振りまっくってる気がします

一体なに振ってんねん

 

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

それは途中でお話しします。

先日、私はライティングの勉強をしに行ってきました。

このライティング講座はただのライティング講座ではありません。

書き方の知識だけではなく、"言霊"や言葉の強さについても教えてくださるんです。

 

その内容が大変興味深かったので少しだけシェアします。

"ペンは剣より強い"

言葉とは、武力などよりも圧倒的に、人生を、世界を変える力を持っている。そして、西洋神秘学の伝統でも、「言語」は「剣」になぞらえられるということ。

 

また、

自分が観ているもの
感じているもの は

"超プライベート空間"であり特別な場所

全く同じ感性はなく、

他人と同じ見方はできない。
自分が観ているもの

感じているものは唯一無二である。

と、教えてもらいました。

 

一人ひとりの存在が特別であることを改めて感じたのと同時に、自分が創る花の作品もまた、唯一無二であり私の在り方や考え・感性などが凝縮されて出来たものなんだと思い、感慨深かったです。

 

そのほかにも先生がたくさん教えてくださいましたが、そこには先生の叡智が詰まっているので、これ以上内容には触れないでおこうと思います。

とにかく言葉の持つエネルギーのすごさ、そして日本語がもっと好きになりました。

また自分が発言・発信することが多い立場である以上、剣よりも強いとされている言葉を大切に、これからも思いの丈を嘘偽りなく綴っていこうと改めて思いました。

f:id:chariscolor:20170527100844j:image

 

-おまけ-

実務的な部分、メンタル的な部分etc...

まだまだ、いろんなことを勉強して吸収している日々。何か私の中にある、掴めそうで掴めないこの感覚。表現できそうで出来ない、モヤっとした感じ。

 

アウトプットはまだまだ思うようにできておらず、フラストレーションが溜まってるし、歯がゆい。

でも、そう考えている時点で、潜在意識では何かに気が付いてるんじゃないかと思い、ワクワクしている今日この頃です。

インスタにも上記の写真を載せたんですけど、最近は黒色の服を着る方が多くて。

潜在意識と黒が繋がって、何か自分に伝えたいのかも??と、2年以上、色と向き合ってきて感覚的に思うようになりました。

※黒には自律・自己確立などの意味があります。

EQばかりが鍛えられているような気もしないでもない毎日ですが、今年はIQも鍛えて、質の高い経営者になります!

 

本日もご覧いただきましてありがとうございました。

皆様にとって今日も彩りのある素敵な一日になりますように✨

 

 

 

 

モアナと伝説の海を"色"と"花"で読み解く(ネタバレあり)

-先日、モアナと伝説の海を見てきました。-

 f:id:chariscolor:20170520152441j:image

画像:http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

以下あらすじ

海に選ばれた少女モアナー海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と”ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。

それは命の女神テ・フティの盗まれた”心”を取り戻し、世界を闇から闇から守ること。

神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…

以上(モアナと伝説の海 || TOHOシネマズより)

 

本当はどうしたいのか?みんなに望まれている自分と、自分がしたいことの間で悩むモアナ。共感できる部分もあり、また原理原則・易経などに通づるところもあるなと感じながら見ていました。

しかし今回、私が1番印象深かったのは、あらすじにも書かれていた「命の女神テ・フティ」についてです。

 

-色から読み解く、テ・フティの心-

テ・フティは調べたところ、実際には存在しない女神ですが(簡単にしか検索してないので間違ってたらごめんなさい)その見た目からどういう感情を持ったどんな存在なのか、私なりに読み解いてみました。※あくまで私の主観ですので、そこをふまえたうえで読んでいただければ幸いです。ちなみにネタバレありです。

 

モアナの前に立ちはだかる困難の中には、テ・フティの心を取り戻すために向かった場所に炎の女神テカーがいて、行く手を阻んでしまう。

という内容があるんですが、実はこのテカーはテ・フティ。

テ・フティはマウイへの怒りのため心を失った炎の女神テカ―へと姿を変えてしまっていたんです。

そのテカーがこちら。

f:id:chariscolor:20170514031649p:plain画像http://holookoaohawaii.com/moana03-660

めっちゃこわい。夢に出てきそうなくらい見た目がこわい。怒ってる感じがかなり出てますね。

赤色は情熱、エネルギッシュなどの意味がありますが、同時に怒り・自己主張という意味合いもあります。

存在感ありまくりですよね。目や出で立ちからも、その怒りと恐さがでていますが私は”赤色”の炎を使うことによって、存在感やそのイメージをさらに倍増させているなと感じました。更に周りが黒やグレーであることから、黒とグレーの意味には絶望・孤独・怒りなどもあり、これまた色によってテカー(テ・フティ)の抑圧された感情や怒りなどを表現してるのではないかと思いました。

 

そして心を取り戻したテ・フティがこちら

f:id:chariscolor:20170514032958p:plain画像http://holookoaohawaii.com/moana03-660

あー落ち着く〜

さっきのテカーとはえらい違いですね。”緑”は生命力・バランス・安定などの意味があります。緑を見ると人は落ち着くと言われていますし、赤とは補色の関係(色相環の反対にある色)にあたるので、テカーの"赤"からの"緑"のテ・フティはまさに感情も反対になり、一気になんでも受け入れてくれそうな女神様を印象付けるにはぴったりだなと思いました。

また色とりどりの花冠までつけて、心の豊かさが表現されています。特にピンクや紫は女性性が強い色。全てを緑にしてテ・フティを表現するのではなく、花冠にピンクや紫を持ってくることによって"女”神ということを無意識的に印象付けているのではないかと感じました。

 

-女神であるテ・フティが花と緑で表現されている意味とは??-

さらに『植物・花は”愛”であり、”愛”以外の何物でもない』

ということを聞いたことがあります。つまり悪・憎しみ・苛立ちなどの全ての感情が一切なく与え続ける存在ということ。

 

ですので命の女神テ・フティは、なんでも受け入れる愛情深い女神、世界を守る女神を

花と緑を使うことによって表現しているといえるのではないでしょうか。

 

モアナの世界が救われた!という事実よりも、心が戻ったことによって緑が生い茂り、花が咲きみだれる事によって世界が救われた(心=緑・花=世界平和)というところから

やっぱりディズニーは、花と緑の偉大さを知ってるんだ!!!と一人、大興奮した前田でした。

 

ご覧いただきありがとうございました🌸

皆様にとって本日も彩りのある素敵ないちにちになりますように✨

 

あなたはお母様に何を贈っていますか?

ーお母さんに、あなたが贈っているものって?ー

さて、母の日まであと3日となりました。(母の日は5/14です)

皆様はもう母の日の準備は終わられましたかでしょうか?
勘違いしていただきたくないので先に言っておくと、「別に私のところで花を買って!!」ということを1番に伝えたいのではありません。(URLは最後に載せてはいますけど。)

それよりも、皆さんが"お母様に対してどのような気持ちをおもちでプレゼントを準備したり、お母様のことを考えられているか"をもう一度思い返すきっかけにしていただきたいのです。
また本日は私が思う、母の日やお花に込めている想いをお話しさせていただこうと思います。

 

-Charis Colorが考える母の日とは-

今年初めて、母の日に何かプレゼントを贈られる方がいるかもしれません。
もしかしたら、毎年仕方なくお花を送っている人もいるでしょう。
感謝の気持ちを常に持って、何かを贈られている人もいらっしゃるかと思います。
あ、忘れてた!やべぇ なんて、今、思った方もいらっしゃるかもしれないですね。

別にそれぞれの考え方なのでどれが良くて、どれが悪い、そういうものはないと思います。
ただ、私が思う「”Charis Colorの”母の日」は、やはり感謝の気持ちを伝える日
そして、皆様にとっても、どんな感情であれお母様への気持ちを届ける、お母様のことを思い出す大切な日なのではないかと考えています。

 

ーそんな、それぞれの母の日に私ができることー

母の日に私にできる唯一のことは「皆様のお母様へのお気持ちを"お花"という手段を使い、代わりに届ける」こと。

1年前に母の日に私のお花を買ってくださったお嬢様とお母様の出来事を2016年の5月にFacebookの記事でも書きましたが

https://www.facebook.com/yuichariscolor/posts/1706803726258925

私は、自分のことを『ただお花を作って届ける花屋。』だとは思っていません。
大切なことはやっぱり気持ちだと思っています。

お任せのアレンジでも、こだわった作品のアレンジでも、必ずそのお客様の想いを届けるために私を選んでくださったことに感謝して、本気で1つ1つ作っています。

 

だから、ご注文をくださったお客様から「お母様が泣いて喜んでくれてました」という話を聞いたり、プレゼントとして私のお花をもらったお母様から直接お礼のメッセージを頂いたり、母の日でなくてもお客様がリピートして弊社で花を頼んでくださるのはほんっっっっっっとうに嬉しく、こっちが泣いてしまいそうになることもしばしばあります。

 

お花を作る作業は、習えば誰にでもできる仕事に見えるかもしれない。
お花の仕事は華やかに見えて、簡単そうに見えるかもしれない。
でも朝5時に買い付けに行って(母の日は朝の4時には市場にいます)1つ1つ花を選んで、梱包と箱を組み立てる作業から詰めて配送するまで用意し、1番良い状態で届けるために地味に作業する。というのが実際の私の仕事です。

 

お花は本当に奥が深いし、"想いをカタチにして届ける作業"は誰にでもできることではないと私は思っています。
昨年から引き続き、お母様や奥様へのお花を頼んでくださっている皆様には本当に感謝しています。ありがとうございます。

 

1年で1番、お母様のことを考える日。
ぜひ皆さんももう一度お母様のことを思い出して、感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

 

本日もご覧いただきまして、ありがとうございました。
皆様にとって明日も彩りのある、素敵な1日になりますように✨そして素敵な母の日になりすように。

 

f:id:chariscolor:20170511172316j:image 

写真: ProFlowers.com

こちらからお花をご購入いただけます。

通販サイト→https://tsuku2.jp/chariscolor

 

作品や日常の写真をアップしています

https://www.instagram.com/chariscolor/?hl=ja


メルマガ登録はこちら→https://www.comty.biz/stm_regist2/?SMCD=0000034043

本音、全部書きます

 

本音、全部書きます

ついに重い腰を上げて、ブログを書き始めようと思います。
でもその前に今までの経緯や今の気持ち、これからの想いを綴ろうと思います。

 

ーブログを今まで書かなかったわけー

「ブログ、書いたらいいのに」起業してから何人もの方にそう声をかけていただいていました。でもなかなか、その気持ちにはなれなかったんです。
実は以前、アメーバさんで1年半ほどブログを書いていました。
しかも最初の1年は月の半分は必ず書くようにしていました。

でもブログを書き始めて1年がすぎたとき、花屋に勤めはじめてから忙しさを理由に書く頻度が減り、3年前から準備していた仕事がどうしてもしたくて大好きな彼よりも仕事を選んでから私はブログで自分を表現することを完全にしなくなりました。

気持ちに余裕がなかったことももちろんありますが、今思うと自分に自信を今まで以上に持てなくなっていたからだと思います。


Facebookには前向きな気持ちや頑張りを表現していましたが、
「なんでこんなに頑張ってるのに幸せになれないんだろう。」
「私が専業主婦として家にいれば、普通の幸せが手に入ったんじゃないか。」
「どうしたら会社を軌道に乗せられるのだろう」
「もっともっと頑張らないと」「認めてもらわないと仕事がもらえない」
ずっとそんな風に思っていました。

そして、努力は必ず報われると信じ、ただただがむしゃらに1年間走ってきました。


何度一人寂しく泣いて、関西に帰りたいと思ったかわかりません。

 

でもわたし、それでもどうしても東京の街で、自分にしかできない仕事がしたかったんです。
わたしに仕事を任せて良かったと言ってもらえるような、自分に出会ってよかったと思ってもらえるような、そんな仕事がしたいと思っていました。

そして、自分の家族を1番大切にできる時間を作るために今は仕事を頑張ろう。

そう考え、毎日を過ごしていました。もちろん仕事自体は大好きで、好きなことを仕事にしたので充実感がかなりあります。

だからこそ、余計に色と花を使った仕事をこれから確立させたいと強く決めています。

 

また、これまでの人生…といってもまだまだ若輩者で偉そうなことは言えませんが、絶対に決めたことは100%コミットをして、掴んできました。

でも負けん気は強い方ですが正直なところ、人との勝負には興味がありません。人との勝負ではなくて「自分に負けたくない、やらない後悔をしたくない」との一心で今まで行動してきました。

 

ー本当はどうしたい?ー

この約1年の間に、わたしは1000人以上の人と会い、自分がしたいこと、想いを伝えてきました。そして心から応援してくださりお仕事を任せてくださる方が増え、登記をした会社はおかげさまで2期目を迎えることができました。本当に応援してくださっている皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、2期目を迎えるにあたり、あたらめてこれからの自分の方向性や軸をしっかり持ち直す必要があると思い、2017年に入ってからは自分と向き合う時間を多く取ってきました。

 

”本当はどうしたいのか。”

 

それを考えて考えて考えて
やっと光が見えてきた気がしています。

 

まず一つ目は「社員一人ひとりの幸福度を高める企業を増やす」こと

 

会社の存在意義としてはこれを一つの目的としよう。そう決めました。
このことについては、また改めてお話ししようと思います。

 

もう一つはわたし自身のこと。

自分を労わることをせず、突っ走ってきた日々。学生の時から今まででいうと、ストレスから直径15cmのハゲが出来て半年間ホルモン注射を打ちに行ったり(なぜそうなったのか、詳しい話はここに取材してもらった記事があるのでよかったらみてください)
http://keypage.jp/interview/maedayui/

結婚して働いている時は主人とうまくいかず激やせして逆流性食道炎や胃炎になったり、起業してからは電車で失神してしまったりと、本当に自分に対してかわいそうなことをしてきたなと今になって思います。逆によくもここまでなんの妥協もせず突っ走ってこれたのかと不思議なくらい、自分に対してドSでした。

 

そしてそこには、自分のしたいことのために頑張ってきたけど「頑張らないと幸せになれない」と、どこか心の中で思っている自分がいたということに気がつきました。
前のブログでも色と花の専門家として、かなり気を張って書いていたように思います。


でもこれらの経験があるからこそ今から始めるブログは、もうそういうことはやめようと。肩肘貼るのはやめて、素直に今感じていることや日々の出来事など。飾らずに等身大のわたしで想いを綴っていこうと考えています。

 

もちろん、色と花についてプロとしての考えを綴る時はあると思いますし、読んでくださる皆さんにとってプラスになる情報を発信します。
ただ、硬い文章ではなく、甘えたことを言うようですが皆さんに応援してもらって一歩ずつ成長して、ブログもわたし自身もブラッシュアップしていけたらと思っています。不定期更新で長い文章が多いブログになるかとは思いますが、今後ともご覧いただけると幸いです。

 

長い文章にもかかわらず、ご覧いただきましてありがとうございました。

みなさまにとって明日も今日以上に彩りのある素敵な1日になりますように。

 

f:id:chariscolor:20170507225105j:plain

作品や日常の写真をアップしています

Charis Color(カリスカラー) (@chariscolor) • Instagram photos and videos

通販サイト→https://tsuku2.jp/chariscolor

メルマガ登録はこちら→https://www.comty.biz/stm_regist2/?SMCD=0000034043